インターネット画像などの著作権のラインはどこまで??

 

 

ブログなどを書いていて「ちょっと写真を入れたいな」といった時に、それっぽい画像を検索してついついそのままペタッと張ってしまう。芸能人なんかもたまに画像の転用でニュースになってますね。

だれにでもありがちなことですが、これは厳密に言いますと刑法に抵触します。

 

例えばブログなどは、いちいち住所や電話番号、名前などは載せてませんから、仮に画像を転用していて、その持ち主さんが気付いても、コメント欄からクレームを付けるか、ブログの管理会社経由で連絡をするしか基本的には方法がありません。

しかし企業などのホームページの場合、そういった情報は当然きっちり載せていますから、直接連絡が来ます。

 

 

罰則について

 

そして罰則ですが、刑法に抵触するとは言えインターネット画像の転用など、大小を合わせればけたたましい数の事例がありますので、それをイチイチ警察がホームページの所有者などを調べあげて、事情を聴いて起訴するか不起訴処分にするかという作業をするのは現実的には不可能ですので、結論的にはそのような大事になる事は殆どありません。

あるとすれば、明らかに悪意があったり、規模が大きかったり、転用により多額の利益を上げているのが明白な場合のみです。(DMMのまとめサイトの記事転用のような)

※だからと言って、転用していいという意味ではありません。仮に転用してしまって、クレームがついても、すぐに削除すれば、罪に問われることはありませんよ、という意味です。

 

 

また刑法ではなく、民法の範疇になった場合、こちらもクレームを受けてすぐに削除したり、悪意のある大規模な転用ではなかったりというケースであれば、訴訟にまで発展する可能性はかなり低いです。シロアリの駆除などでも度々もめたりしますが。

 

理由は、ちょっとした転用であれば損害賠償額や慰謝料として裁判所が認めてくれる額は、訴えて訴訟にかかる費用(弁護士費用を含め)をペイできる額ではとうていないからです。

ですから、採算を度外視しして損してもいいからとにかく訴えたい!という相手でなければ、民事でも大事になる可能性は低いです。

 

とは言え、そんなびくびくしたり、大事に巻き込まれるかもしれないリスクを負ってまで、転用する理由は無いと思います。そもそもが厳密に言うと犯罪ですからやってはダメですけどね。

 

 

 

お盆の供養とお供え物など

 

 

今回は法律的なお話とは少し違いますが、もうすぐお盆ですのでそちらの話題を少し取り上げます。

 

 

 

お盆について

 

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、インドのサンスクリット語のウラパンナ(逆さ吊り)を漢字で表した言葉で「逆さに吊り下げられるような人を救う法要」という意味があるそうです。またお盆の行事の由来は、餓鬼道で苦しんでいる亡母を救いたいという弟子に対し、お釈迦様から「夏の修行が終わった7月15日に多くの供物をささげて供養すれば救うことが出来る」と教えを受けたことから、旧暦の7月15日を父母や先祖に感謝し供養する日となったといわれています。お盆の時期は元々旧暦の7月15日でしたが、現在では一部の地域を除いて8月15日を中心に行うところがほとんどです。

 

お盆を迎える準備としては、仏壇、仏具を清めて仏壇の前に盆棚を作り、仏壇からお位牌を出して盆棚に置き、野菜、果物、お米、お水などをお供えします。そして、きゅうりとなすで作った馬と牛を飾ります。
これは、ご先祖様を迎える時は馬に乗って早く来ていただき、お送りする時は牛に乗ってゆっくりお帰りいただきたいと願う説からといわれています。また盆提灯は迎え火同様、ご先祖様の霊が迷わず帰ってこられるよう目印として飾ります。忌明け後最初に迎えるお盆を「初盆」または「新盆」いい、親戚などから故人のご供養品として盆提灯を贈られることが多し、ようです。

 

 

 

仏教と蓮

 

お寺にお参りに行くと、蓮をかたどった装飾品がたくさんあることにお気づきになることがあると思います。

蓮は泥中に育ち、その養分を得ながら育ちますが、大きくなった蓮の葉は泥水をはじき、そして美しい花を咲かせます。また花が咲くと同時に実が形成されて必ず結実します。

 

そして大賀ハスに代表されるように2千年たった種でも芽を出し花を咲かせるといいます。これを私たち人間にあてはめると、泥水を「煩悩(苦しみ)」の世界、美しい花を「悟り」の世界とし、殺伐とした社会に育ちながら、その汚れに染まることなぐ清浄なし、を保ち続け、それを脈々と受け継いでいくという、仏教の教えなのです。仏様の台座が蓮であることがそれを物語っています。

 

 

 

欠陥住宅の相談をしたい 新築を購入したのに、、

 

 

会社の組合員の方が、新築住宅を購入しました。

 
ーヶ月後、一階洗面床下付近から異臭がぁり、購入先住宅会社の調査を信用できず、基金協会?住宅事業部にご相談いただきました。

 

住宅事業部の床下調査で、不要な排水管が設置され、その部分からの排水漏れが原因とわかりました。

既に排水管に「蓋」がされ、漏れ出た排水はすくい取られていました。ご相談者様には、まだ若干水たまりがあったため乾燥させるように、さらに漏れた水は洗濯排水なので心配ないとアドバイスさせていただきました。

床下には給水管.排水管等が設置されています。

 

皆様には、床下点検口から床下を覗くだけの定期的な目視点検をお勧めします。

 

 

 

雑損控除でシロアリ費用が戻ってくる??

 

・概略

所得税控除の範疇には【雑損控除】といって【災害または盗難もしくは横領によって資産についての損害を受けたケースには一定の所得控除を受けることができる制度】というものもあります。

そして、しろあり蟻害による修繕やしろありの駆除にかかった料金は所得税法施行令第9条に規定する【害虫その他の生物による異常な災害】に該当します。

したがってしろありによる蟻害を被り、その駆除にかかった料金は雑損控除の対象となります。

しろありによる蟻害は、所得税法施行令第9条☆災害の範囲☆に規定する【害虫:その他の生物による異常な災害】に該当し、修繕に要した料金及びそのしろありを駆除するための料金は雑損控除の対象となります。

 

・必要事項

控除を受けるためには蟻害を受けて駆除を行った、ということと駆除にかかった料金についてを明確にする必要があります。

そのためしろありの駆除工事を行った場合は、その旨をしろあり業者に説明して、領収書などの証明書と作業内容の明細(工事した内容、駆除した箇所、使用した薬剤、家屋の補修などがあればその当該箇所、金額など)をもらい、大切に保管しておきましょう。

 

 

 

・注意事項

なお、所得税法施行令第206条第1項第3号☆雑損控除の対象となる雑損失の範囲等☆に規定する【蟻害の拡大又は発生を防止するため緊急に必要な措置を講ずるための支出】とは、切迫している蟻害の発生を防止するための応急措置に係る料金のように、その料金の支出の効果がその災害による蟻害の発生を防止することのみに寄与するものをいい(所得税基本通達70-10の2)、しろありの蟻害を事前に防止するための料金及びしろありの駆除とともに行う予防のための料金は、応急的措置に係る料金でないことから、雑損控除の対象となりません。
繰り返しになりますが、注意しなければいけないのは、しろありの蟻害を予防するためにかかった料金は控除の対象とならないことです。しろありの蟻害はないけれど、それを未然に防ぐ予防ための薬剤散布および同時に駆除も行ったというケースの料金は、急を要するする蟻害の拡大を防ぐための緊急措置による支出とは認められないために雑損控除の対象とはなりません。このケースは駆除のための料金のみ申告することが可能となります。

 

いかがでしたでしょうか、参考になりましたら幸いです。