レジリエンスでストレスに負けない折れない心を身につける

 

 

 

就業者の約6割が仕事で強いストレスを抱えており、その割合は年々増加しています。

職場でストレスを感じる状況は誰にでも訪れ、強いストレスやプレッシャーを感じて心が折れてしまうリスクと隣り合わせにいます。

ストレスやプレッシャーと上手に付き合う方法をご紹介します。

今回は、レジリエンスを鍛える前に必要な自己チェックと7つの技術についてお伝えいたします。

高いレジリエンスを持つ人は、逆境に強い思考力を持ち、失敗や挫折をチャンスに変えて成長する力があります。

皆さんが実際にどの程度のレジリエンスがあるのかチェックしてみましよう。

レジリエンスとは

逆境や困難、強いストレスに直面したときに適応する精神力と心理的プロセスであり、「再起力」「立ち直る力」「精神的復元力」のこと。

打たれても立ち上がる逆境に強い心を育てること。

 

 

次回は、実際にチェックしてみようと思います。

 

 

 

選挙とお金の関係性 ~税金の補足率~

 

 

全ての道はローマに通ず

という有名な言葉がありますが、この意味は言わずもがなですが、意訳すると

様々な考え方があるが、根本で言いたいことは全て同じ、的なイメージです。

今回は「選挙」という視点からお金について言及します。

選挙、、投票に行くのは面倒ですね。

どうせオイラが行っても行かなくても、結果は変わらんし。

誰が当選しても一緒っしょ?

まぁ、おっしゃりたいことは分かります。

しかし

誰が当選しても同じ

というのは、どうやらそうでもないようです。

日本の収支の 「収」の大部分は、
皆さんご存知の「税金」です。

では、どの項目にどの程度の税率をかけるか
などの細かいルールを作るのは?

政治家ですね、いわゆる議員さん。

では議員さんにはどうやってなるか?

立候補して、既定の獲得票数があれば、ですね。

そして投票するのは、国政か地方かによりますが、我々国民、県民、市民です。

議員さんになったら、まず初めに考えることは何でしょう。

「次も当選したい」「議員を続けたい」

です。これが本音。

では次も当選するためには、どうしたらいいでしょう。

有権者に嫌われない政策を!

ってなとこでしょう。これが本音。

では、この場合の有権者って誰?
選挙権を持っている人??

この場合は、ちょっと違いますね。

この場合の有権者は、

「選挙に行く人」

です。

議員さんは、選挙権は持ってても投票に来ない人を
有権者とは見ていません。

ではどういった人が選挙に行くか?
政治に関心があるか?

我々一般庶民にとっての政治の関心事は、人によりけりですが

自分に不利な政策をしないで欲しい

ってことでしょう。ざっくり言うと。

子育て世代なら、子供の医療費がタダに、、とか
ご年配の夫婦なら、年金が、、医療費負担が、、とか
サラリーマンなら、配偶者控除、住宅ローン控除、とか。

で、話を戻しますが
どういった人が選挙に行くか?
政治に関心があるか?

・色々なお店などの経営者や、開業医などの「個人事業主」
・農業、林業、水産業などの第1次産業従事者

このあたりの属性の方は、比較的 投票率が高いそうです。

なぜか?

クロヨン(9,6,4)
トーゴーサンピン(10、5、3、1)

という俗語をご存知でしょうか?

これは日本の税務署が把握している、
各人の「課税対象額」の割合を表します。

どういうことかと言うと、

トーは、サラリーマン
ゴーは、個人事業主
サンは、第1次産業従事者
ピンは、政治家

で、税務署はサラリーマンの課税対象額を10割
把握しており
個人事業主は5割、農家などは3割
政治家に至っては、1割という意味です。

※以前は、クロヨンと言われてましたが、税金を確保すべく更に補足率が上がったようです。

課税対象額=所得 を把握されているということは
税金逃れ(脱税、節税)が難しいということ。

逆に個人事業主以下の属性は、税金逃れの道が
残っているということ。

サラリーマンは、日本で最も人口が多い属性です。

その給与所得額を把握し、源泉徴収するルールにしておけば、大多数の税収を捕捉しやすい。

そしてサラリーマンは源泉徴収という慣習のせいもあって、自己の税額にあまり関心が無い。

基本的に確定申告もしないから、節税という概念がない。

私も所得税額、厚生年金額くらいはサラッと見ますが、あまり細かいことは見ていませんでした。

だからうまく誤魔化せば、税率が上がっても
文句言わない、気付かない。

しかし!

それ以下の人口の少ない属性は、

サラリーマン属性からの税収を確保できているからか?
人口が少ないからか?
政治家に都合のいい法律だからか?
ハタマタ選挙に行くからか?

様々な理由により、源泉徴収されていません。

源泉徴収ではないということは、彼らには
経費で落とす、という伝家の宝刀が使えます。

ってことは、自分の確定申告の仕方次第で
収益が変わる=税額が変わる
ということです。

だからサラリーマン属性と違って、税金などへの関心が

半端ないって!ことです。

そりゃ政治に関心(≒危機感)がありますから
選挙にも行くでしょう。

だから政治家も、有権者として見てくれるでしょう。

だから彼らに嫌われない政策を打とうとするでしょう

というカラクリです。

もちろん、投票率が高い傾向にあるのは
これが全てではありませんが、

今回お伝えしたかったのは、

「だから選挙に行きましょう。」

という話ではなく、

知らないと損をするから、色々と勉強して
情報を取りにいきましょう

ということです。

タイム イズ マネー
情報 イズ マネー

長くなりましたが、以上です。

 

 

資産運用と生命保険 ~保険業界のカラクリ③

 

 

さて前回までは、

日本の保険屋さんはスキルが足りない人が多そうだ

という点と

掛け捨ての保険はあまり意味が無い

というお話でした。

今回が保険シリーズ最終章です。

そもそも生命保険は必要なのか?
という点に少し触れておきます。

独身だったり、親兄弟の面倒を見ないなら必要ありません。

仮に自分に万一のことがあっても、誰も生活に困りませんから。(泣)

受け取る人もいませんしね。(悲)

守るべき人が現れたら考えて下さい。

で、話を戻しますが、掛け捨てじゃない保険はあります。

「変額保険」というのがあります。

変顔じゃないですよ。 (*´з`)

カテゴリとしては「養老保険」になりますが
まぁそれは置いといて。

要は確定拠出(DC)と同じように、保険料の一部を「運用」します。

運用実績とか掛け金、年数にもよるので、一概に言えませんが

普通に払った分以上は返ってきます。

もちろん万が一の時は普通に保険金も下りますが、保険金には積立て分も含まれます。

(詳細は後ほど)

結構オイシイですよね。

ではなぜ、掛け捨てが「売り上げ第1位」なのか?

理由は2つ。

日本人はファイナンシャルリテラシー(お金の知識)が低く

「投資はギャンブル」

と思っているから。

だから手を出さない。

ここにいる皆さんは、既にそのへんは、ある程度正しく理解されていると思いますが

確かに、投資信託や運用の仕組みを理解するのは難しかったですよね。

「以前の自分なら、やはり手を出さなかったかも」

と思われる方も少なくないでしょう。

そして理由2つ目。

そんな国民性である日本で、変額保険なんか

売れそうにない

というのは想像に難しくない。

となれば保険会社も、売れないものにはチカラ入れない。

ですよね。

マーケティングの基本です。

”売りたいものではなく、売れるものを売る”

そして2つ目の理由に少し補足するならば、

そもそも日本の保険屋さんが

「投資」を正しく理解していないかも?

よって、なおさら売れない。 ってことです。

※変額保険を扱うには、保険業界の難しい資格を取らねばなりません。

最近では、「保険見直し本舗」のような会社も増えてきて、消費者のマインドも若干変わったかな?

(見直し本舗の人が正しく理解しているかは、知りませんが、、)

あとは、NISAのような制度もできたり。

確かに以前は、変額保険というと外資系の保険会社ばかりでしたが
(アフラック、チューリッヒ、アリコ、アクサなどなど)

いつからか国内の保険会社でも見かけるようになりました。
(東京海上、朝日とか?)

で、話を戻しますが、変額保険はあります。

僕の場合で紹介しますが、他所でバラさないでね。

・保険会社:アクサ生命(@フランス)

・契約日:2011年

・払込金額:200万円(2018年現在)

⇒だいたい月額で、約2万の保険料。

※保険料が2万円だとして、半分以上が積み立てに回り、保障には半分以下の額が回ります。
例えば積み立てに1.5万、保障に0.5万とか。
ただ運用状況、その他諸々の理由で額は変わります。

・積立金額:200万円(2018年現在)

※実際に積立てに回ったのは、150万くらい

たった数年で、積立てた分以上が返ってくるところまで来ました。

DCの運用利回りで言うと、だいたい年率8%くらいです。

ただ開始したのが、リーマンショックの後なので、多少は数字が出やすい時期です。

それでも全期で軽く5%以上は出ると踏んでます。

掛け金が1.5~倍増というイメージですかね。

そして忘れてはならないのが、生命保険の一部で運用すると税金の優遇があります。

具体的な金額でどれくらいのメリットがあるか?というのは、信頼できる保険屋さんに聞きましょう。

全ての保険会社を比較したわけではありませんが
僕が加入しているアクサ生命は、なかなか良いと思います。

アクサ自体が、世界有数の資産運用機関ですので
ファンドマネージャーの管理もシビアですし、運用商品も多彩です。

(別にアクサの回し者ではないですよ (*_*))

また僕の担当者が非常に優秀な方で、僕の資産運用の先生でもあります。

 

では、これにて。

 

 

資産運用と生命保険  保険業界のカラクリ

 

 

さて前回は、日本の保険屋さんは、どうやら(保険業界のせいで)
プロと言えるほどのスキルを持っていない人が多そうだ

というお話でした。(あくまでも確率論です)

今日はその続きです。

資産運用=ASSET MANAGEMENT
の観点から言うと、多くの人が生命保険でメッチャ損している!

というお話です。

日本の保険屋さんはあまりファイナンシャルの知識が無さそう。

ってことは?

保険の仕組みもよく分かってないんじゃ?
あまり難しい説明はできないんじゃ?

ということは想像するに難しくありません。

日本で売られている保険は、どんな名称や保障であっても
構成は必ず「定期」「養老」「終身」3つの種類のどれかに属します。

それぞれの特徴を以下に簡単に。

※契約者が30才男性、60才満期(払込み終了)、死亡保障1,000万とします。

・定期:月額約5,000円、払込みの180万は掛け捨て。満期後の死亡保障なし

・養老:月額約25,000円、払込み額900万に対し満期金1,000万とか。満期後の死亡保障なし。貯蓄性あり。

・終身:月額約20,000円、満期後も死亡保障継続で、払込み額720万に対し満期金720万とか。貯蓄性ややあり。

※特約などを付ければ保障は如何ようにも変わります。

さて、ズラっと目安の数値を羅列しましたが、まずお伝えしたいのが
「日本で一番売れているタイプ」は、定期タイプの保険であるということ。

なぜか?

大きな理由が2つ。

月額の掛け金が少ない(安い)
=保険屋さんが売りやすい

ということと

掛け捨てであるため、保険会社の損が少ない
ということ。

養老や終身は、掛け金が高いものの、保険会社は一定額を用意しなければならない。

しかし定期であれば保険会社は用意しなくていい。

「でもさー、安い掛け金しか貰ってないのに、死んだら1,000万払わなあかんやん」

と思いました?

ではこんなデータがあります。

今の日本では、約95%の人が60才を軽く超えていきます。

つまり60年前の1年間に、オギャーと生まれた同級生の
95%が「死んでない」ということです。

ざっくり、保険会社は9割以上の人には保険金を払っていないことになります。

今、我々が知らなければならないのは

死ぬリスク

ではなく

「死ねないリスク」

なのです。

老後は働けないから稼げない、年金もあてにならない。。

そんな時に、ほとんど死なない60才や65才満期の「掛け捨て保険」に
一体どれほどの意味がありますかね。。

掛け捨てじゃない保険、、無いの??

もちろんありますとも。

またまた長くなったので、続きはまた次回に^^

 

 

 

 

資産運用と生命保険と投資信託 保険業界のカラクリ

以前からお話していますが、資産の運用方法は確定拠出年金(DC)だけではありません。
同じ考え方で、ご自身で投信の積み立てをする方法もあります。
もう少し広義に言えば、投信だけが運用の方法でもありませんが。
(不動産投資もその一つですが、それはまた別の機会に)
話を戻しますが、投信での運用方法は、DC、自身で積み立てと、生命保険もまたその一つです。
特に妻帯者は保険に入っている方も多いでしょう。
今回は保険業界の裏話を。
日本の生保は、ケータイと同じく「ガラパゴス化」していると言われています。
ガラパゴス化の意味を知らない方は、ググれカス、、失礼しました。
まぁ要は「普通じゃない状況、一般常識からズレてる」とご理解下さい。
ではどのようにズレているのか?
実は欧米では保険外交員(いわゆる保険屋のおばちゃん)は、弁護士や会計士のような「仕業」と言われる業種と同様に認識されています。
よって男性の外交員が多いです。
マヂすか。
日本では「保険のおばちゃん」と言うように、女性の腰掛け的な職種というイメージしかないのに。
本来保険屋さんというのは、ファイナンシャル(お金、財務)のプロであり、一般家庭での生涯にかかる様々なお金の出入り(住宅ローン、出産、学費、保険など)をプランニング(計画)するプロフェッショナルなのです。
それを保険会社がきちんと教育して、お客さんに応対します。
一方、日本の保険会社は、昔から社員教育に時間をかけず、手っ取り早く契約を取る事を優先しました。
その方法が「まずは身内に保険契約をさせる」というものです。
外交員がそれぞれ数人の身内から契約を取れば、会社としてはそれで十分だったのです。
しかし身内からの契約が尽きると、そもそもきちんと教育を受けていないから一般客からは中々契約が取れず、無理矢理(ごり押しで)契約を取ろうとして嫌われて、辞めてしまいます。
そして人が辞めたら、また新人外交員が身内から契約⇒また辞める⇒新人がまた身内⇒辞める、、これで会社の業績は成立してしまうのです。
だから保険屋さんというと、皆さんも何となくイメージ悪くないですか?
これにはこんな背景(黒歴史)があったのです。
更にもっと大事なお話があるんですが、長くなったのでまた次回にしときます。

 

自由きままな新婚旅行

 

 

36年前、車の後ろに空き?をくくり付けて派手に飾り、新婚旅行に出発した私たち。

行き先は決めず、運転士の仕事をしている主人にハンドルを任せ、地図を見ながらの気ままな旅行でした。

そのときは、一緒にいられる
のならどこでも良かったのでしょぅね。

また旅館での夕食も印象深い思い出の一つ。

生きたままのシラスが、かわいそぅで2人とも食べられず、窓から放流。

今振り返ると、若かったなぁ。

 

 

新婚旅行でサプライズ

 

結婚式の直前にぎっくり腰になった夫。

車の運転もままならず、私頼りの新婚旅行でした。

そんな状況の中、夫から旅行中に誕生日を迎える私へサプライズが。

ホテルに着くと、大きなホールケーキが用意されていたのです。

ケーキは翌日の昼食においしくいただきました。

 

夫の言葉で前向きに

 

新婚旅行当時、時間に余裕があつた私たちは、ヨーロッパへ約1力月間旅行に行くことに。

着いて早々の移動中の列車で大事件が起きました。

私のバッグが盗まれ、パスポート、財布、カメラ、帰りの航空券の全てがなくなってしまったのです。

途方に暮れ落ち込んでいた私に夫が「元気な体が残っているのだから旅行を楽しもぅ」と言ってくれ、最終日まで楽しむことができました。

 

 

イルカセラピー

 

12年前、私たちが新婚旅行で訪れたのは、カリブ海に面するメキシコのカンクン。

青く澄んだ海を目の前にした主人は、、つれしさのあまり海へダイブし、ぎっくり腰に。

予定していた「イルカと泳ぐツアー」には、痛みをこらえて參加。

イルカに足の裏を押してもらって泳いだり、手をつないだり。

イルカとの触れ合いを楽しんだ翌日には何と痛みが取れ、残りの日程も楽しめました。

今で
も、治ったのはイルヵたちのおかげだねと、2人で話をしています。

指輪をみんなで捜索

私たちの新婚旅行は沖縄でした。

何組かの新婚さんと一緒にグラスボートに乗り、きれいな海に感激し白い砂浜を歩いていたときのことです。

ある新妻が泣き出しそぅな声で、指輪が外れて砂の中に潜ってしまったと言うのです。

「それは大変」と、みんなで砂をかき分け捜索。

そして見つけることができました。

40年
たっても忘れられない思い出です。

 

 

 

1力月あたり100時間以上の時間外労働は、過労死の労災認定ライン

 

 

アジサイの葉の上のカタツムリ、この季節の風物詩です。子どものころはたくさん見かけましたが、生息数が減ってしまったのか、都会ではなかなか出会えません。

さびしいな、と思っていたら、「数が減ったせいばかりではありません」とある人に言われました。

「子どもには見えるものが、大人になると見えなくなるのです」。

 

まずは腰を落として目線を子どもの高さにあわせます。

目を大きく開いて、ここが大切なのですが、童心にかえって無邪気に探せば生き物たちが見えてくると言うのです。

ほんとかな…と思いながら、公園の草むらで試してみました。

なんと、小さなカタツムリを見つけました。

「何もいないだろう」という思い込みが邪魔をしていたのですね。

 

ちよっとした驚きです。

年を重ねていくと、過去の経験や習慣がバリアになって目の前の事実や出来事をそのまま受け入れることがむずかしくなる、なんて言います。

そんなことないよ、と言いたくなりますが、カタツムリのこともあるし、「思い込みで見えないものがある」という警戒心はもっておきたいと思います。

 

会社も同じような心構えが必要です。

「なんて会議が好きな会社だろう」

他社での就業経験をおもちの方が、当社に入って驚くことのひとつは会議のもち方だそうです。

 

「発言も求められないメンバーまで長時間の会議に出席しているのは不思議に思いました」

関係者が顔をそろえ、定期的に進渉状況を共有し、方針をお互いに確認する。

相互理解や協調を重んじる当社らしい光景のように思いますが、情報共有が必要という「思い込み」が会議の効率化をむずかしくしているのかもしれません。

女性の意見も、男性中心組織の「思い込み」を取り払い、見えなかった問題を浮かび上がらせます。

 

組合本部には2人の中執がいるのですが、飾らない、素直な問題提起に「なるほど」と思うことも多いです。

ここで社会的性差(ジェンダー)を強調するつもりはありませんが、女性のほうが感じたありのままを表現するのが得意な人が多いと思います。

男性はというと、自分の所属する組織の中では違和感をもつことがあっても、「上の判断だし、それはそれで理由があるのだろう」と、いったんは受け入れようとする保守的な傾向があるようです。

 

経験を重ねていけば、自分でも気付かないうちに、ものの見方、考え方は固まってきます。

だからこそ、異なる立場からのさまざまな意見や、ものの見方を受け入れる柔軟さが大切です。

 

 

 

歯の手入れとむし歯や歯周病予防のために1日3回の習慣を

 

 

どうして歯の手入れが必要なの

 

適切な歯の手入れは、むし歯や歯周病などの口の中の病気を予防して将来多くの歯を残すだけでなく、糖尿病や心臓病、動脈硬化、メタボリックシンドロ-などの生活習慣病予防や、全身の健康維持にも貢献することが分かっています。

また、歯科関連疾患(むし歯、歯周病など)の医療費は健保の保険給付費の20%を占めており、医療費削減の最大の課題となっています。

つまり、歯の健を維持することは生活習慣病医療費の抑制にもつながるのです。

これまでの健康調査結果から達成可能な目標として、1日3回以上歯手入れをする人の割合を25%以上としています。

“1日3回”を習慣にできるよう張りましょう!

 

 

手入れの基本はやっぱり歯磨き

口の中の代表的な病気であるむし歯と歯周病は、プラーク(歯垢)と呼ばれる、歯に付着する細菌の塊が引き起こす感染症です。

プラーク1mgには、数億の生きた細菌がいます。

細菌が作り出す酸はむし歯の原因になり、また、歯と歯茎(歯肉)の境目に付いたプラークは、歯周病の原因になります。

 

これを防ぐには「食べたら歯を磨く」ことが基本です。

歯磨きは口の中の病気を防ぐばかりか、ダラダラと食べたり、間食をする習慣も減るため、生活習慣病予防にもつながります。

 

 

 

 

運動と生活習慣病について 高血圧などを予防

 

 

 

今日は法律の話ではなく、運動と生活習慣病に関しての記述です。

病気に関連することですので、ひいては医療費などの話にもつながりますので是非ご参考になさって下さい。

 

運動を始める人が増えていますが、途中で挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。

運動をよくしている人は、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗しょう症、ガンなどにかかる危険性が低くなるといわれています。

また、運動はストレス解消などの「こころの健康効果」があるといわれています。

私も健康に目覚めたわけではありませんが、ダイエツトをしたいと思い、週末に2時間のウォーキングをするようになりました。

歩くというのは多くの筋肉を使う、効率の良い運動方法です。

また、歩くことで、普段は気がつかなかつた新たな発見があるのち楽しみのひとつです。

これから運動を始めようとしている人には、ぜひとも。

 

 

 

1力月あたり100時間以上の時間外労働は、過労死の労災認定ライン

 

 

どの程度の長時間労働によって「過労死」のリスクが増大するか、皆さんはご存じでしようか。厚生労働省の労働災害に関するデータによると、脳•心臓疾患の場合は、時間外労働時間が1力月平均80時間を超えると急激に増加しています。

 

また、時間外労働について、1力月あたり45時間より長くなるほど業務と発症との関連性が徐々に強くなるとされ

①1力月間に100時間

②2〜6力月間に毎月80時間を超える場合を、過労死の労災認定基準とされています。

 

長時間労働によって帰宅時間が遅くなると睡眠時間を確保することが難しくなり、睡眠不足の状態で翌日も仕事をすることで生産性も落ち’さらに労働時間が長くなる悪循環を起こします。

このような長時間労働は心身の機能に悪影響を及ぼし、病気を引き起こすリスクが高まります。

そのため恒常的な長時間労働は、疲労の蓄積を生み、脳•心臓疾患を発症させる危険性が高まり、最悪の場合、死に至ります。

 

仕事でトラブルが発生したときや、納期に追われているときでも、このようなリスクがあることを意識しながら、自分自身で働き方を見直していくことが大切です。

 

 

では続きはまた次回に。