家庭ごみ 減量 3R

 

家庭ごみ 減量 3R

 

 

家庭で出来るエコ活動『ゴミの減量』

物質的に恵まれた生活をしている日本人にとって、今やゴミは、「自分にとっていらないもの」になっています。『食べきれなかった食料品』、『まだまだ着られそうな洋服』、『直せば使える家電』、『無駄な包装』など、もったいないなと思いながら処分している人は大勢います。

「ゴミは資源である」という考え方をもとに5R(5つのRの頭文字がついた方法)の実践を考えます。
①リサイクル

リサイクルとは、再利用することですが、大きく分けて二つの意味があります。ひとつは、資源を有効利用するため、環境汚染を防止するために、モノを処分せずに、原料として新たな製品に循環させることです。資源ごみとし
て回収されるアルミ缶やガラス瓶?紙?布?ペットボトルなどがリサイクルすることができる素材です。二つ目は、まだ使えるものを他人に渡すことです。

【POINT】
自分が不必要になっても、誰かが利用できるかもしれないという考え方です。

②リユース

リユースとは、再使用することです。モノの形を変えずに、そのまま使うという点が、リサイクルとは異なるところです。

【POINT】
リサイクルするより環境に優しいというわけです。

③リペア

修理、修繕、復旧作業のことです。違う形に変えてしまうリサイクル、そのままで再使用するリユースと違うところは、修理?修繕してでも同じ用途でずっと使い続けるところです。

【POINT】
何度直してでも、使えなくなるまで使し’きろうという考え方です。

④リデュース

環境問題で、リデュースとは単純に減らすことです。環境に悪影響を与える物質を減らしたり、廃棄物そのものを発生させないように、生産を抑制することを言います。

【POINT】
商品を無駄に作らない、消?しないように抑制することです。

⑤リフューズ

スーパーのビニール袋、割り箸、調味料、おまけの類などなど、ついついもらってしまって無駄になってしまうものってたくさんありますよね。勇気を持つ

【POINT】
不必要なものを買わない、もらわない、断るという考え方です。
<まとめ>

ポイ抬てや不法投棄が、地球を汚すということは誰にでもわかります。
「きちんと行政の指示通り分別し、誰にも迷惑をかけないように処分しているから大丈夫!」と思ってしまいがちです
。一人ひとりが環境に与える効果は小さくても、5Rを実践することによって『ゴミの減傲jができれば、大きなエコ活動につながります。
【5R】

① Recycle:リサイクル

⇒再び循環させる
② Reuse:リユース

⇒再び使う
③ Repair:リペア

⇒修理する
④ Reduce:リデュース

⇒抑制する
⑤ Refuse:リフューズ

⇒断る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です