確定拠出年金 マッチングとは? 分かりやすく簡単に 事例紹介

確定拠出年金 マッチングとは? 分かりやすく簡単に 事例紹介

 

 

拠出(積立)時

 

個人がマッチング拠出した掛金は全額、所得税?住民税の所得控除が受けられ、本制度での最大のメリッ卜ともいえます。所得控除による年間の税金軽減額の目安は〈表3〉の通りです。

所得控除のない財形年金や控除があっても一定額の個人年金保険(2012年1月以降、掛金8万円以上、所得税率20%で軽減額約10,800円)と比べても大きなメリットがあります。

仮に30年間、年間平均3万円の節税ができたとすれば、90万円も節税できる計算となります。

 

運用時

 

預金の利息や上場株式、投資信託などの配当金や売却益には原則20%(所得税+地方税)が課税されますが、DCで運用されている商品については、この課税がされません。したがって運用による収益も全てその残高に加算されることになり、運用資産の増え方が大きくなります。

仮に毎月1万円を運用なし、年利3%で課税口座(毎年課税)、DC口座で積み立てて運用した場合の積立額の比較は〈図2>の通りです。複利効果もあり積立期間が長くなるほど積立額は大きく(運用なしとDC口座の差は3?年間で約220万円)なりますが、運用益など非課税の効果も大きな差(課税口座とDC口座の差は30年間で約56万円)となります。

また、DCでは証券会社などで販売されている投資信託などより手数料の低い商品が準備されている場合が多くありますので、そういう面でもお得といえます。

 

受取(給付)時

 

60歳以降、確定拠出年金により積み立てた資産を受け取る(給付される)場合、一時金として受け取る場合は、他の退職金などとあ^:せて退職所得控除の適用を受けることができます。(退職所得控除額は、現行制度では勤続3?年で1.500万円、勤続38年で2,060万Fです)また、年金として受け取る場合は雑所得として取り扱われ、]|生年金などとあわせて公的年金等控除の対象となります。

 

➡続きはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です