配偶者控除が改正 いつから? 色々わかりやすく教えます

配偶者控除が改正 いつから? 色々わかりやすく教えます

 
パートタイムで働<主婦です。配偶者控除が改正になったそうですが、いくらまでなら扶養の範囲内ですか?

「扶養」という言葉自体いろいろありますね。税法上の扶養親族、健康保険の扶養親族、あるいは会社の家族手当があります。
ここでは税法上の扶養、つまり配偶者控除と配偶者特別控除について答えします。

 

すでに昨年末の年末調整時の扶養控除申告書の書き方でも、迷われた方は多いでしょう。平成29年の税制改正で、配偶者特別控除の金額が変わりました。また、本人所得も配偶者控除の適用可否の条件となりました。

本人の所得、つまりあなたの配偶者の所得が1,000万円を超える場合はそもそも配偶者控除を使えないことになりました。
非課税通勤費を除く給与、賞与の合計が1,220万円超ということになります。
それ未満の方でも所得900万円以下、950万円以下で線引きがあり、控除できる金額が異なります。

 

次に配偶者、つまりあなたの所得についてです。配偶者控除は所得38万円以下で使えるのは同じですが、配偶者控除と同額の配偶者特別控除を使えるのが所得85万円(給与なら年収150万円)以下と拡大になります。

したがってこのラインまでが一般にいう税法上の「扶養の範囲」となります。
なお、配偶者特別控除は年収が増えるほど減るというように段階的に設定されており、年収123万円(給与なら年収201.6万円未満)が配偶者特別控除を受けられる所得の上限となります。

 

【改正前】

※配偶者特別控除について居住者の所得制限あり
【改正後】

※配偶者控除及び配偶者特別控除について居住者の所得制限あり

(図は居住者の合計所得金額が900万円以下の場合)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です