家庭の医学 緑内障と糖尿病網膜症

 

家庭の医学 緑内障と糖尿病網膜症

 

 

 

緑内障

 

日本での失明原因の第1位であり、40歳以上の20人に1人の割合で存在すると言われています。

眼球は「房水」という液体で満たされていますが、房水がたまりすぎると、眼球内圧力である眼圧が上昇し、視神経を圧迫、障害される疾患が緑内障です。

症状としては、見える範囲が狭くなる「視野狭窄」、視界に見えない部分が生じる「視野欠損」があります。

緑内障の怖いところは、自分が緑内障であることに気づきにくいことです。

緑内障の9割以上が気づいていないとも言われているため、定期的に検診でチエツクし、眼圧が高いと指摘された方は積極的に眼科を受診しまししょう。

 

 

 

糖尿病網膜症

 

「糖尿病の3大合併症」の1つとされています。

網膜は、薄い神経の膜で、物を見るためのフイルムの役割をしており、細かい血管が無数にあります。

血糖値が高い状態が続くと、血管にダメージがかかり、やがて血管が詰まりやすくなります。

すると、酸素が供給できず、酸欠状態を補うために新しい血管(新生血管)が作られるようになります。

新生血管は非常に脆く、出血や血液成分が漏れやすくなるため、視界のかすみや視力低下などが生じます。

さらに進行すると、網膜剥離や緑内障を併発し、失明のリスクも増します。

 

糖尿病と診断された場合は、目に異常を感じなくても、年に1回は定期的に眼底検査を受けることが大切です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です