1力月あたり100時間以上の時間外労働は、過労死の労災認定ライン

 

1力月あたり100時間以上の時間外労働は、過労死の労災認定ライン

 

 

どの程度の長時間労働によって「過労死」のリスクが増大するか、皆さんはご存じでしようか。厚生労働省の労働災害に関するデータによると、脳•心臓疾患の場合は、時間外労働時間が1力月平均80時間を超えると急激に増加しています。

 

また、時間外労働について、1力月あたり45時間より長くなるほど業務と発症との関連性が徐々に強くなるとされ

①1力月間に100時間

②2〜6力月間に毎月80時間を超える場合を、過労死の労災認定基準とされています。

 

長時間労働によって帰宅時間が遅くなると睡眠時間を確保することが難しくなり、睡眠不足の状態で翌日も仕事をすることで生産性も落ち’さらに労働時間が長くなる悪循環を起こします。

このような長時間労働は心身の機能に悪影響を及ぼし、病気を引き起こすリスクが高まります。

そのため恒常的な長時間労働は、疲労の蓄積を生み、脳•心臓疾患を発症させる危険性が高まり、最悪の場合、死に至ります。

 

仕事でトラブルが発生したときや、納期に追われているときでも、このようなリスクがあることを意識しながら、自分自身で働き方を見直していくことが大切です。

 

 

では続きはまた次回に。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です