自由きままな新婚旅行

 

 

36年前、車の後ろに空き?をくくり付けて派手に飾り、新婚旅行に出発した私たち。

行き先は決めず、運転士の仕事をしている主人にハンドルを任せ、地図を見ながらの気ままな旅行でした。

そのときは、一緒にいられる
のならどこでも良かったのでしょぅね。

また旅館での夕食も印象深い思い出の一つ。

生きたままのシラスが、かわいそぅで2人とも食べられず、窓から放流。

今振り返ると、若かったなぁ。

 

 

新婚旅行でサプライズ

 

結婚式の直前にぎっくり腰になった夫。

車の運転もままならず、私頼りの新婚旅行でした。

そんな状況の中、夫から旅行中に誕生日を迎える私へサプライズが。

ホテルに着くと、大きなホールケーキが用意されていたのです。

ケーキは翌日の昼食においしくいただきました。

 

夫の言葉で前向きに

 

新婚旅行当時、時間に余裕があつた私たちは、ヨーロッパへ約1力月間旅行に行くことに。

着いて早々の移動中の列車で大事件が起きました。

私のバッグが盗まれ、パスポート、財布、カメラ、帰りの航空券の全てがなくなってしまったのです。

途方に暮れ落ち込んでいた私に夫が「元気な体が残っているのだから旅行を楽しもぅ」と言ってくれ、最終日まで楽しむことができました。

 

 

イルカセラピー

 

12年前、私たちが新婚旅行で訪れたのは、カリブ海に面するメキシコのカンクン。

青く澄んだ海を目の前にした主人は、、つれしさのあまり海へダイブし、ぎっくり腰に。

予定していた「イルカと泳ぐツアー」には、痛みをこらえて參加。

イルカに足の裏を押してもらって泳いだり、手をつないだり。

イルカとの触れ合いを楽しんだ翌日には何と痛みが取れ、残りの日程も楽しめました。

今で
も、治ったのはイルヵたちのおかげだねと、2人で話をしています。

指輪をみんなで捜索

私たちの新婚旅行は沖縄でした。

何組かの新婚さんと一緒にグラスボートに乗り、きれいな海に感激し白い砂浜を歩いていたときのことです。

ある新妻が泣き出しそぅな声で、指輪が外れて砂の中に潜ってしまったと言うのです。

「それは大変」と、みんなで砂をかき分け捜索。

そして見つけることができました。

40年
たっても忘れられない思い出です。

 

 

 

1力月あたり100時間以上の時間外労働は、過労死の労災認定ライン

 

 

アジサイの葉の上のカタツムリ、この季節の風物詩です。子どものころはたくさん見かけましたが、生息数が減ってしまったのか、都会ではなかなか出会えません。

さびしいな、と思っていたら、「数が減ったせいばかりではありません」とある人に言われました。

「子どもには見えるものが、大人になると見えなくなるのです」。

 

まずは腰を落として目線を子どもの高さにあわせます。

目を大きく開いて、ここが大切なのですが、童心にかえって無邪気に探せば生き物たちが見えてくると言うのです。

ほんとかな…と思いながら、公園の草むらで試してみました。

なんと、小さなカタツムリを見つけました。

「何もいないだろう」という思い込みが邪魔をしていたのですね。

 

ちよっとした驚きです。

年を重ねていくと、過去の経験や習慣がバリアになって目の前の事実や出来事をそのまま受け入れることがむずかしくなる、なんて言います。

そんなことないよ、と言いたくなりますが、カタツムリのこともあるし、「思い込みで見えないものがある」という警戒心はもっておきたいと思います。

 

会社も同じような心構えが必要です。

「なんて会議が好きな会社だろう」

他社での就業経験をおもちの方が、当社に入って驚くことのひとつは会議のもち方だそうです。

 

「発言も求められないメンバーまで長時間の会議に出席しているのは不思議に思いました」

関係者が顔をそろえ、定期的に進渉状況を共有し、方針をお互いに確認する。

相互理解や協調を重んじる当社らしい光景のように思いますが、情報共有が必要という「思い込み」が会議の効率化をむずかしくしているのかもしれません。

女性の意見も、男性中心組織の「思い込み」を取り払い、見えなかった問題を浮かび上がらせます。

 

組合本部には2人の中執がいるのですが、飾らない、素直な問題提起に「なるほど」と思うことも多いです。

ここで社会的性差(ジェンダー)を強調するつもりはありませんが、女性のほうが感じたありのままを表現するのが得意な人が多いと思います。

男性はというと、自分の所属する組織の中では違和感をもつことがあっても、「上の判断だし、それはそれで理由があるのだろう」と、いったんは受け入れようとする保守的な傾向があるようです。

 

経験を重ねていけば、自分でも気付かないうちに、ものの見方、考え方は固まってきます。

だからこそ、異なる立場からのさまざまな意見や、ものの見方を受け入れる柔軟さが大切です。

 

 

 

歯の手入れとむし歯や歯周病予防のために1日3回の習慣を

 

 

どうして歯の手入れが必要なの

 

適切な歯の手入れは、むし歯や歯周病などの口の中の病気を予防して将来多くの歯を残すだけでなく、糖尿病や心臓病、動脈硬化、メタボリックシンドロ-などの生活習慣病予防や、全身の健康維持にも貢献することが分かっています。

また、歯科関連疾患(むし歯、歯周病など)の医療費は健保の保険給付費の20%を占めており、医療費削減の最大の課題となっています。

つまり、歯の健を維持することは生活習慣病医療費の抑制にもつながるのです。

これまでの健康調査結果から達成可能な目標として、1日3回以上歯手入れをする人の割合を25%以上としています。

“1日3回”を習慣にできるよう張りましょう!

 

 

手入れの基本はやっぱり歯磨き

口の中の代表的な病気であるむし歯と歯周病は、プラーク(歯垢)と呼ばれる、歯に付着する細菌の塊が引き起こす感染症です。

プラーク1mgには、数億の生きた細菌がいます。

細菌が作り出す酸はむし歯の原因になり、また、歯と歯茎(歯肉)の境目に付いたプラークは、歯周病の原因になります。

 

これを防ぐには「食べたら歯を磨く」ことが基本です。

歯磨きは口の中の病気を防ぐばかりか、ダラダラと食べたり、間食をする習慣も減るため、生活習慣病予防にもつながります。