自由きままな新婚旅行

 

自由きままな新婚旅行

 

 

36年前、車の後ろに空き?をくくり付けて派手に飾り、新婚旅行に出発した私たち。

行き先は決めず、運転士の仕事をしている主人にハンドルを任せ、地図を見ながらの気ままな旅行でした。

そのときは、一緒にいられる
のならどこでも良かったのでしょぅね。

また旅館での夕食も印象深い思い出の一つ。

生きたままのシラスが、かわいそぅで2人とも食べられず、窓から放流。

今振り返ると、若かったなぁ。

 

 

新婚旅行でサプライズ

 

結婚式の直前にぎっくり腰になった夫。

車の運転もままならず、私頼りの新婚旅行でした。

そんな状況の中、夫から旅行中に誕生日を迎える私へサプライズが。

ホテルに着くと、大きなホールケーキが用意されていたのです。

ケーキは翌日の昼食においしくいただきました。

 

夫の言葉で前向きに

 

新婚旅行当時、時間に余裕があつた私たちは、ヨーロッパへ約1力月間旅行に行くことに。

着いて早々の移動中の列車で大事件が起きました。

私のバッグが盗まれ、パスポート、財布、カメラ、帰りの航空券の全てがなくなってしまったのです。

途方に暮れ落ち込んでいた私に夫が「元気な体が残っているのだから旅行を楽しもぅ」と言ってくれ、最終日まで楽しむことができました。

 

 

イルカセラピー

 

12年前、私たちが新婚旅行で訪れたのは、カリブ海に面するメキシコのカンクン。

青く澄んだ海を目の前にした主人は、、つれしさのあまり海へダイブし、ぎっくり腰に。

予定していた「イルカと泳ぐツアー」には、痛みをこらえて參加。

イルカに足の裏を押してもらって泳いだり、手をつないだり。

イルカとの触れ合いを楽しんだ翌日には何と痛みが取れ、残りの日程も楽しめました。

今で
も、治ったのはイルヵたちのおかげだねと、2人で話をしています。

指輪をみんなで捜索

私たちの新婚旅行は沖縄でした。

何組かの新婚さんと一緒にグラスボートに乗り、きれいな海に感激し白い砂浜を歩いていたときのことです。

ある新妻が泣き出しそぅな声で、指輪が外れて砂の中に潜ってしまったと言うのです。

「それは大変」と、みんなで砂をかき分け捜索。

そして見つけることができました。

40年
たっても忘れられない思い出です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です