NISAと積み立てNISAの違いは?どっちを選ぶ?

 

 

年間の非課税枠は、NISAの方が大きくなっています。

 

ただい年間120万円の5年間で総額60?万円が上限です。
確定拠出年金は、企業型も個人型も勤務先や立場により上限額が異なり、実際には表に記載の最高額まで利用できる人は多くはありません。
とはいえ60歳まで掛け金を出すことができますから、若い人ほど積み上がっていくことになります。

 

利用できる商品は、NISAの場合、口座をどこに開くかで違ってきます。
NISA□座は1人1□座のみを銀行や証券会社などで開くことができます。
銀行なら複数の投資信託がラインナップされているので、そこから選びます。
年間120万円の枠の中で、複数の投資信託を買ったり、積み立てたりできます。
証券会社なら、やはり投資信託のラインナップから買えるほか、個別の株式やETF、REITも買うことができます。
一方、確定拠出年金の場合は、運用したいなら投資信託を利用します。

 

 

投資初心者にオススメの新サービスもスタート

2018年1月から、積立専用の「つみたてNISA」も始まりました。

こちらは、金融庁が長期の積立投資に向くと認めた投資信託やETFから選んで積み立てる仕組みで、20歳以上の人が、年間40万円までを最長20年、最大800万円を投資できます。
NISAも「つみたてNISA」も、通常なら利益にかかる20.315%(所得税?住民税?復興特別所得税)の税金がかからないので、お金が大きく増えたときほどメリットは大きくなります。
値下がりにより損失が出たときは、税金を払わないので当然ですがメリットはありません。
NISAと「つみたてNISA」は併用することはできず、どちらかを選びます。
1年ごとに変更は可能です。
投資するなら、投資信託か個別株式か、投資期間や年間で投資に回せる金額はどれくらいかを考えて、選択するとよいでしょう。

 

 

確定拠出年金 マッチングとは? 分かりやすく簡単に 事例紹介

 

 

拠出(積立)時

 

個人がマッチング拠出した掛金は全額、所得税?住民税の所得控除が受けられ、本制度での最大のメリッ卜ともいえます。所得控除による年間の税金軽減額の目安は〈表3〉の通りです。

所得控除のない財形年金や控除があっても一定額の個人年金保険(2012年1月以降、掛金8万円以上、所得税率20%で軽減額約10,800円)と比べても大きなメリットがあります。

仮に30年間、年間平均3万円の節税ができたとすれば、90万円も節税できる計算となります。

 

運用時

 

預金の利息や上場株式、投資信託などの配当金や売却益には原則20%(所得税+地方税)が課税されますが、DCで運用されている商品については、この課税がされません。したがって運用による収益も全てその残高に加算されることになり、運用資産の増え方が大きくなります。

仮に毎月1万円を運用なし、年利3%で課税口座(毎年課税)、DC口座で積み立てて運用した場合の積立額の比較は〈図2>の通りです。複利効果もあり積立期間が長くなるほど積立額は大きく(運用なしとDC口座の差は3?年間で約220万円)なりますが、運用益など非課税の効果も大きな差(課税口座とDC口座の差は30年間で約56万円)となります。

また、DCでは証券会社などで販売されている投資信託などより手数料の低い商品が準備されている場合が多くありますので、そういう面でもお得といえます。

 

受取(給付)時

 

60歳以降、確定拠出年金により積み立てた資産を受け取る(給付される)場合、一時金として受け取る場合は、他の退職金などとあ^:せて退職所得控除の適用を受けることができます。(退職所得控除額は、現行制度では勤続3?年で1.500万円、勤続38年で2,060万Fです)また、年金として受け取る場合は雑所得として取り扱われ、]|生年金などとあわせて公的年金等控除の対象となります。

 

➡続きはこちら