確定拠出年金 DC マッチングとは? 分かりやすく簡単におすすめ事例紹介

 

 

このように、「自助努力で老後のためにお金を貯める人には、我金を優遇しますので使ったほうがお得ですよ」というメッセージが?められた制度なのです。

特に、複利効果や減税期間が長くなる若い人にとっては、とてもお得です!

 

 

確定拠出年金で賢く資産形成

将来的に、公的年金だけでは豊かで充実したセカンドライフを過ごすことは難しい時代となってきており、自助努力の重要性は高まっています。

「運用で資産が目減りするのはいやだ」という考えで、元本保証商品のみで運用されている人や、DC加入時から運用商品の選択を行っていない人(この場合は自動的に定期預金で運用されています)でも、前記の税制優遇を受けることは可能です。また、マツチング拠出は、会社員の資産形成の武器である「天引き」が使えます。
企業ではマッチング拠出制度を導入しているため、マッチニグ拠出の利用有無に関わらず、世間で注目されている個人型DC(iDeCo=イデコ)には加入できません。この機会に、ぜひ、マツチング拠出制度を始めましよう!

 

確定拠出年金はどう運用すればいいの?

確定拠出年金ではどう運用するのかもポイントとなります。ただし、運用方法については、個人の運用に対する考え方、他の資産状況、リスク許容度(どこまで損しても問題ないか)などによって変わってきます。

運用方法については各会で実施される「資産運用セミナー」や確定拠出年金ホームページなどを参考にご検討ください。

 

➡1つ前の記事へ戻る

 

確定拠出年金 DC マッチングとは? 分かりやすく簡単におすすめ事例紹介

 

 

<DCおよびマッチング拠出のメリット>

 

・年金資産の把握が容易
・個人の掛金が所得控除
・運用時の運用益が非課税
・受け取り時の税制優遇あり
・運用結果によっては資産が増える
・転職時など資産移管が可能

 

 

<DCおよびマッチング拠出の注意点>

 

・運用結果によっては将来の年金額が変わる。(元本割れのリスクあり)
・原則60歳まで引出しできない
・会社拠出分と区分した運用は不可

確定拠出年金とはそんなにお得なの?
DCおよびマッチング拠出制度の最大のメリットは税制優遇です。大きく

①拠出(積立)時
②運用時
③受取(給付)時

の3つの段階で優遇があります。他の老後資産の形成を目的とした制度と比較すると非常に有利になります。

 

➡続きはこちら

 

確定拠出年金 DC マッチングとは? 分かりやすく簡単におすすめ事例紹介

企業では、退職金制度の一部である確定拠出年金(DC)の会社拠出分に社員が上乗せで拠出できる「マッチング拠出制度」が導入されています。大変お得な制度なのですが、あまり活用されていないのが実態です。

豊かで充実したセカンドライフに向けて、賢く老後資産づくりをしてみませんか?
少子高齢化が進むなか、今後の公的年金の目減りは避けられそうにありません。そのようななかで昨年、自助努力で老後資産形成を補完する確定拠出年金(DC)が法改正され、今年から、国民のほとんどが個人型確定拠出年金(愛称iDeCo=イデコ)に加入できるようになり、注目を集めています。

企業においては、すでにこのiDeCoと同様の機能である
マッチング拠出制度が導入されていますが、残念ながらあまり活用されていません。

現在、マッチング拠出の申請を受け付けている企業は多いです。新規の開始、掛金変更ができるのは年1回、今しかありません。詳細は会社等からの案内を参照ください。

確定拠出年金 始めなきや、もったいない!

 

続きは次ページにて