資産運用と生命保険  保険業界のカラクリ

 

 

さて前回は、日本の保険屋さんは、どうやら(保険業界のせいで)
プロと言えるほどのスキルを持っていない人が多そうだ

というお話でした。(あくまでも確率論です)

今日はその続きです。

資産運用=ASSET MANAGEMENT
の観点から言うと、多くの人が生命保険でメッチャ損している!

というお話です。

日本の保険屋さんはあまりファイナンシャルの知識が無さそう。

ってことは?

保険の仕組みもよく分かってないんじゃ?
あまり難しい説明はできないんじゃ?

ということは想像するに難しくありません。

日本で売られている保険は、どんな名称や保障であっても
構成は必ず「定期」「養老」「終身」3つの種類のどれかに属します。

それぞれの特徴を以下に簡単に。

※契約者が30才男性、60才満期(払込み終了)、死亡保障1,000万とします。

・定期:月額約5,000円、払込みの180万は掛け捨て。満期後の死亡保障なし

・養老:月額約25,000円、払込み額900万に対し満期金1,000万とか。満期後の死亡保障なし。貯蓄性あり。

・終身:月額約20,000円、満期後も死亡保障継続で、払込み額720万に対し満期金720万とか。貯蓄性ややあり。

※特約などを付ければ保障は如何ようにも変わります。

さて、ズラっと目安の数値を羅列しましたが、まずお伝えしたいのが
「日本で一番売れているタイプ」は、定期タイプの保険であるということ。

なぜか?

大きな理由が2つ。

月額の掛け金が少ない(安い)
=保険屋さんが売りやすい

ということと

掛け捨てであるため、保険会社の損が少ない
ということ。

養老や終身は、掛け金が高いものの、保険会社は一定額を用意しなければならない。

しかし定期であれば保険会社は用意しなくていい。

「でもさー、安い掛け金しか貰ってないのに、死んだら1,000万払わなあかんやん」

と思いました?

ではこんなデータがあります。

今の日本では、約95%の人が60才を軽く超えていきます。

つまり60年前の1年間に、オギャーと生まれた同級生の
95%が「死んでない」ということです。

ざっくり、保険会社は9割以上の人には保険金を払っていないことになります。

今、我々が知らなければならないのは

死ぬリスク

ではなく

「死ねないリスク」

なのです。

老後は働けないから稼げない、年金もあてにならない。。

そんな時に、ほとんど死なない60才や65才満期の「掛け捨て保険」に
一体どれほどの意味がありますかね。。

掛け捨てじゃない保険、、無いの??

もちろんありますとも。

またまた長くなったので、続きはまた次回に^^