働き方改革の事例や施策

 

 

●役割の明確化と目標達成に向けた『次に繋がる』活動
~目的・目標・期待される成果の明確化~

 

①上司面談による自己の役割の明確化と職制方針に基づく具体的課題設定
・管理職の役割
生産管理(QCDS)の実務責任者、かつ部門方針の改善実行責任者
・職場リーダーの役割
管理職の業務補助者(意思決定は管理職)
・担当の役割
部門方針に基づく生産活動(QCDS)の改善実行者(管理職と連携)
②目標はグローバルマザー工場として誇れるチャレンジングなものとし、
成功イメージを描いて定量・定性効果を設定
③他部門との連携により、貪欲に業務・技術・製品知識を吸収しこれを活用。
④自己の弱点を認識し、克服する為の方法を上司に提案・相談

 

 
●『気持ちよく』仕事が出来る為のコミュニケーション
~『心地よい』会話と明るく楽しい職場作り~

 

①約束の期限は必ず守る。守れない時には予め相談
②分からない時は上司・関係者と相談する。自分で溜めこまない
③『業務依頼』と『業務相談』の使い分
・業務依頼:上長経由で正しく連絡し、業務を移譲(責任は委託元)
・業務相談:自己の知識を補うために知恵を受ける(責任の所在なし)
④関係者との共同作業は要求ではなく、『思いやりのある提案』を
⑤上司・関係者とのコミュニケーションは、落ち着いて拝聴する気持ちを持つ
⑥仕事は常に余裕を持った活動で、関係者からの依頼には思いやりのある対応を
(他の業務影響なきよう判断し、影響がある場合は上司に相談)
⑦関係者への問合せは相手にとって外乱であるため、不急な問合せは慎むこと
特に通話は『緊急時のみ』使用可(不急な用事は原則として使用しない)