資産運用と生命保険 ~保険業界のカラクリ③

 

 

さて前回までは、

日本の保険屋さんはスキルが足りない人が多そうだ

という点と

掛け捨ての保険はあまり意味が無い

というお話でした。

今回が保険シリーズ最終章です。

そもそも生命保険は必要なのか?
という点に少し触れておきます。

独身だったり、親兄弟の面倒を見ないなら必要ありません。

仮に自分に万一のことがあっても、誰も生活に困りませんから。(泣)

受け取る人もいませんしね。(悲)

守るべき人が現れたら考えて下さい。

で、話を戻しますが、掛け捨てじゃない保険はあります。

「変額保険」というのがあります。

変顔じゃないですよ。 (*´з`)

カテゴリとしては「養老保険」になりますが
まぁそれは置いといて。

要は確定拠出(DC)と同じように、保険料の一部を「運用」します。

運用実績とか掛け金、年数にもよるので、一概に言えませんが

普通に払った分以上は返ってきます。

もちろん万が一の時は普通に保険金も下りますが、保険金には積立て分も含まれます。

(詳細は後ほど)

結構オイシイですよね。

ではなぜ、掛け捨てが「売り上げ第1位」なのか?

理由は2つ。

日本人はファイナンシャルリテラシー(お金の知識)が低く

「投資はギャンブル」

と思っているから。

だから手を出さない。

ここにいる皆さんは、既にそのへんは、ある程度正しく理解されていると思いますが

確かに、投資信託や運用の仕組みを理解するのは難しかったですよね。

「以前の自分なら、やはり手を出さなかったかも」

と思われる方も少なくないでしょう。

そして理由2つ目。

そんな国民性である日本で、変額保険なんか

売れそうにない

というのは想像に難しくない。

となれば保険会社も、売れないものにはチカラ入れない。

ですよね。

マーケティングの基本です。

”売りたいものではなく、売れるものを売る”

そして2つ目の理由に少し補足するならば、

そもそも日本の保険屋さんが

「投資」を正しく理解していないかも?

よって、なおさら売れない。 ってことです。

※変額保険を扱うには、保険業界の難しい資格を取らねばなりません。

最近では、「保険見直し本舗」のような会社も増えてきて、消費者のマインドも若干変わったかな?

(見直し本舗の人が正しく理解しているかは、知りませんが、、)

あとは、NISAのような制度もできたり。

確かに以前は、変額保険というと外資系の保険会社ばかりでしたが
(アフラック、チューリッヒ、アリコ、アクサなどなど)

いつからか国内の保険会社でも見かけるようになりました。
(東京海上、朝日とか?)

で、話を戻しますが、変額保険はあります。

僕の場合で紹介しますが、他所でバラさないでね。

・保険会社:アクサ生命(@フランス)

・契約日:2011年

・払込金額:200万円(2018年現在)

⇒だいたい月額で、約2万の保険料。

※保険料が2万円だとして、半分以上が積み立てに回り、保障には半分以下の額が回ります。
例えば積み立てに1.5万、保障に0.5万とか。
ただ運用状況、その他諸々の理由で額は変わります。

・積立金額:200万円(2018年現在)

※実際に積立てに回ったのは、150万くらい

たった数年で、積立てた分以上が返ってくるところまで来ました。

DCの運用利回りで言うと、だいたい年率8%くらいです。

ただ開始したのが、リーマンショックの後なので、多少は数字が出やすい時期です。

それでも全期で軽く5%以上は出ると踏んでます。

掛け金が1.5~倍増というイメージですかね。

そして忘れてはならないのが、生命保険の一部で運用すると税金の優遇があります。

具体的な金額でどれくらいのメリットがあるか?というのは、信頼できる保険屋さんに聞きましょう。

全ての保険会社を比較したわけではありませんが
僕が加入しているアクサ生命は、なかなか良いと思います。

アクサ自体が、世界有数の資産運用機関ですので
ファンドマネージャーの管理もシビアですし、運用商品も多彩です。

(別にアクサの回し者ではないですよ (*_*))

また僕の担当者が非常に優秀な方で、僕の資産運用の先生でもあります。

 

では、これにて。

 

 

資産運用と生命保険と投資信託 保険業界のカラクリ

以前からお話していますが、資産の運用方法は確定拠出年金(DC)だけではありません。
同じ考え方で、ご自身で投信の積み立てをする方法もあります。
もう少し広義に言えば、投信だけが運用の方法でもありませんが。
(不動産投資もその一つですが、それはまた別の機会に)
話を戻しますが、投信での運用方法は、DC、自身で積み立てと、生命保険もまたその一つです。
特に妻帯者は保険に入っている方も多いでしょう。
今回は保険業界の裏話を。
日本の生保は、ケータイと同じく「ガラパゴス化」していると言われています。
ガラパゴス化の意味を知らない方は、ググれカス、、失礼しました。
まぁ要は「普通じゃない状況、一般常識からズレてる」とご理解下さい。
ではどのようにズレているのか?
実は欧米では保険外交員(いわゆる保険屋のおばちゃん)は、弁護士や会計士のような「仕業」と言われる業種と同様に認識されています。
よって男性の外交員が多いです。
マヂすか。
日本では「保険のおばちゃん」と言うように、女性の腰掛け的な職種というイメージしかないのに。
本来保険屋さんというのは、ファイナンシャル(お金、財務)のプロであり、一般家庭での生涯にかかる様々なお金の出入り(住宅ローン、出産、学費、保険など)をプランニング(計画)するプロフェッショナルなのです。
それを保険会社がきちんと教育して、お客さんに応対します。
一方、日本の保険会社は、昔から社員教育に時間をかけず、手っ取り早く契約を取る事を優先しました。
その方法が「まずは身内に保険契約をさせる」というものです。
外交員がそれぞれ数人の身内から契約を取れば、会社としてはそれで十分だったのです。
しかし身内からの契約が尽きると、そもそもきちんと教育を受けていないから一般客からは中々契約が取れず、無理矢理(ごり押しで)契約を取ろうとして嫌われて、辞めてしまいます。
そして人が辞めたら、また新人外交員が身内から契約⇒また辞める⇒新人がまた身内⇒辞める、、これで会社の業績は成立してしまうのです。
だから保険屋さんというと、皆さんも何となくイメージ悪くないですか?
これにはこんな背景(黒歴史)があったのです。
更にもっと大事なお話があるんですが、長くなったのでまた次回にしときます。