NISAと積み立てNISAの違いは?どっちを選ぶ?

 

 

年間の非課税枠は、NISAの方が大きくなっています。

 

ただい年間120万円の5年間で総額60?万円が上限です。
確定拠出年金は、企業型も個人型も勤務先や立場により上限額が異なり、実際には表に記載の最高額まで利用できる人は多くはありません。
とはいえ60歳まで掛け金を出すことができますから、若い人ほど積み上がっていくことになります。

 

利用できる商品は、NISAの場合、口座をどこに開くかで違ってきます。
NISA□座は1人1□座のみを銀行や証券会社などで開くことができます。
銀行なら複数の投資信託がラインナップされているので、そこから選びます。
年間120万円の枠の中で、複数の投資信託を買ったり、積み立てたりできます。
証券会社なら、やはり投資信託のラインナップから買えるほか、個別の株式やETF、REITも買うことができます。
一方、確定拠出年金の場合は、運用したいなら投資信託を利用します。

 

 

投資初心者にオススメの新サービスもスタート

2018年1月から、積立専用の「つみたてNISA」も始まりました。

こちらは、金融庁が長期の積立投資に向くと認めた投資信託やETFから選んで積み立てる仕組みで、20歳以上の人が、年間40万円までを最長20年、最大800万円を投資できます。
NISAも「つみたてNISA」も、通常なら利益にかかる20.315%(所得税?住民税?復興特別所得税)の税金がかからないので、お金が大きく増えたときほどメリットは大きくなります。
値下がりにより損失が出たときは、税金を払わないので当然ですがメリットはありません。
NISAと「つみたてNISA」は併用することはできず、どちらかを選びます。
1年ごとに変更は可能です。
投資するなら、投資信託か個別株式か、投資期間や年間で投資に回せる金額はどれくらいかを考えて、選択するとよいでしょう。